CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 蝉の羽化 | main | 夏臨の備忘録 >>
ビデオキャプチャー
 先日行ってきたライブがWOWOWで放送されるとの事で、懸賞で当ったブルーレイ SONY BDZ-T50で録画を試みたのですが…
ウチにあるHDD付きブルーレイは発売からもう4年ぐらい経つのですが、どうもディスクに焼く時にエラーが発生するようで、稀に映像が飛ぶ現象が見られるようになりました。

特にブルーレイで焼く時に発生するようで、先日録画したALL THAT LOVEはコピーは1回しか出来ないので万が一焼けなかった場合、それ以降観れなくなってしまうのでそれでは困るのでHDMI ビデオキャプチャーカード HDMVC4UCを購入しました。

本来であれば、HDCPが働くのでコピーは出来ないのですが、購入したキャプチャーボードはそれを無視するらしく、特に問題も発生せずに録画が出来ました。

ところが、フルサイズで録画するととんでもない容量を喰います。なので仕方なくハーフサイズ(1/4)で録画をしました。ハーフサイズでも約60Gも喰ってるのですから、フルサイズだとどんだけ容量を喰うのか(恐)

ただパソコンもそれなりのスペックは必要らしく、一昔前のIDE方式のHDDではデータ転送が追いつかなそうです。
CPUも出来るならデュアルコア以上がよさそうです。
今回ビデオキャプチャーを取り付けたパソコンは、サブマシンでシングルコアのAthlon 64 FX-55と言うCPUで当時としてはかなりのスペックを誇っていました(当然値段も半端ないが中古で購入したので、比較的安価で買えた)
でもコイツはシングルコアなので、稀にドロップが発生する時があるようです(何故ドロップが発生するのかはよく分からない)

ビデオキャプチャーに関しては、値段の割りのはそこそこな性能でHDCPも無視出来るので、メインパソコンにも入れようかと検討中です。

因みにオマケで付いてくるキャプチャーソフトはあんまりよろしくないようなので、アマレコが使いやすくで良さそうです(かくいう自分もこの為にわざわざDLして買いました)
オマケのソフトは英語ですが、アマレコは日本語なので分かりやすいと思います。

あとは録画したaviファイルをmpegなどに圧縮すればokですね。
mpegに変換するソフトは以前から持っているTMPGEnc 2.5 plusを使いました。
こちらも有償ソフトですが、値段も安く使いやすいのでオススメですし、mpegそのものも編集出来るので便利です。



話しは戻って…ウチにあるブルーレイですが、保証も切れてる事から一旦バラして内部を掃除しました。
HDDはSeagateのHDDでした。転送方式はシリアルATAで万が一壊れた場合でも自分で換装出来そうです(ネットで探せば換装方法などが載っている)
ただ、BDドライブに関しては専用?のドライブのようなので、自分では交換出来なさそうです(データ転送ケーブルがフレキ)


そんなかんだで、久しぶりのパソコン弄りの休日を過ごしました。
| Tedium | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック